スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第59回 東京大賞典(GI)

こんばんは。
競馬で暮れの大一番といえば、中央なら「有馬記念」、地方なら「東京大賞典」。
有馬はオルフェの圧勝劇で幕を閉じました(もちろん、3番手には入ると予想していたので、結果はトントン)。

そして、大賞典ですが予想は以下の通り。

◎ニホンピロアワーズ
○ローマンレジェンド
▲ホッコータルマエ
注ワンダーアキュート

で結果は
①ホッコータルマエ
②ワンダーアキュート
③ニホンピロアワーズ

完敗ですね(笑)。強かったです。
個人的には、ニホンピロは後半のピッチの速さについていけなかったのと四角で馬に挟まれた格好が「あんまり良くない体制(馬込み×)」とみてましたが、悪い予想は的中でしたね。

でも、もっとはっきりしないのがローマンの馬体検査の速さ。
中央じゃありえないでしょ、さすがにこの点は不満ですけどね。
アレはさすがに無い。
もう少しきっちり検査するほどの暴れっぷりでしたし、全日本優駿でもナイトバロンが暴れて競争除外になりましたけど、今回のは「はあ?」って思いましたね。

売り上げに影響するとは言え、さすがにアレは無いんじゃないって思うわけですが。。。
それ以上に気になったのは「怪我していないか?」と言う点でして、

レース後・・・案の定

ローマンレジェンド(岩田康誠騎手)「トモにも外傷を負ってしまったようです」。

いかんでしょw。それでも6着か。頑張ったよ
これには、楽しみも半減でガッカリしたレースでしたね。

あ、でも当たった方はおめでとうございます。
hokkou.png
勝馬:ホッコータルマエ号(TCKから拝借)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。